小学校のPTA役員の決め方は?実際にやってみて感じたことなど

PTA 画像

現在、小学校の専門部の委員長をしています。
実際のPTAの役員決めについてや経験して感じていることを
率直につづってみました。

小学校のPTA役員の決め方は?

 
新学期がはじまると、すぐにPTAの役員を決めます。
地域によって違いもありますが、
保護者会とセットになっている場合もあります。

 

役員には

・本部役員(2年)・・・PTA全体を取りまとめ、ほとんどの行事に参加
・専門委員(1年)・・・バザーや学級担当、見回り、広報など

2種類があります。

本部役員は、朝、夕問わず休日も学校へ通い
活動に参加することが多いです。

専門部は、担当する係によって忙しい時期が違います。

 

なぜか、子供一人に対して専門部は1回、本部は家庭で1回という
暗黙のルールのようなものがあります。
これは、ほかの地域でもよく聞く耳にする話です。

 

役員の決め方も学校によってさまざまで
あらかじめ前年度末には、立候補や推薦をして決める場合や
役員決めの当日にくじ引きで決める学校もあります。

 

また、辞退の理由を書いた紙を提出するところもありますが
よほどの理由がない限り、クジの対象になっていました。

 

~ 未就学児がいる場合 ~

学校によっては免除されることもありますが
0歳児は、免除するけれど、1歳すぎたら役員の対象と
なることがあります。

 

私は、本部役員のクジには当たらなかったので
専門部役員に立候補しました。
また専門部に決まった後、委員長決めるクジをひいてしまい
強制的に決まってしまいました。

委員長に決まった当初は、未就学児がいるのに「どうしよう・・・!」と
グルグルと頭でまわってしまい・・・ショックと不安で
夜も何度も目が覚めてしまい眠れない日が続きました。

 

前の委員長から引継ぎを受け、だんだんとやることが
見えてくると少しずつ不安がとれていきました。

また同じ委員のメンバーがとても協力的だったことが幸いし
「1年だから、やるだけやってみよう!」と腹がすわったら
スムーズに役員を務めることができるようになりました。

 

中には、委員長になり心身ともに疲弊し身体を壊して役員を
降りてしまっ方もいます。

くじを引いてしまってしまったら、もうやるしかないのですが
それぞれの家庭の状況もあるので、出来ることをやり
あとは、抱え込みすぎず周りの人たちにフォローしてもらうことが
大切だと感じました。

 

実際にやってみて感じたことは?

 

「PTAって何なの?美味しいの?」と入る前は謎だらけ???で
何が何だかさっぱりわかりませんでしたが
活動にかかわる中で、少しずつ理解が深まっていきます。

 

例えば、ベルマークやバザーなどの学校の活動など、
様々なPTAの活動がめぐりめぐって学校で使う備品や楽器など、
子供たちの教育のために役立つことにつながっているということ。

 

そして「役員になったからには、責任を全うしよう!」という方々の
おかげで学校での行事がスムーズに行われていることにも気が付きました。

それでも、まだまだPTA活動にはやらなくてもよいのでは?と
思うことが多くあります。

また最近は、仕事をしながら役員をやっているという方が
大半を占めています。

 

「PTA活動で無駄だと感じたことをなくしていくことも大切!」と
役員会の中で話し合うようになってきています。

今までは、
「ずっと何十年もやってきたことなので変えられない」と
いわれ続けてきたのですから、時代が変わってきたんだなと感じます。

 

そして、役員になるとパソコン作業が多く、
期日までに配布物を印刷しなければならないため
プライベートな時間が多く削られます。

また書類の確認もPTA会長や学校の先生方にとらないといけないため
どうしても学校へ行く機会が増えます。

 

そして役員になり、PC作業が増えたことで
忘れていたWordやExcelの操作を思い出し
スキルアップも出来ました。

 

仕事を辞めてブランクがある私にとっては、
ほどよいウォーミングアップが出来ているのかなとプラスに
考えるようにしています。

 

また、役員になると学校に知り合いが増えたり
先生との交流が多くなるため何かトラブルがあっても
気軽に相談出来たりとスムーズに解決しやすくなりました。

 

友人がまわりにいないので、PTAをやってみたという方も
います。知り合いが増えるのでおススメですよ。
 

おわりに

 

PTA役員は、すすんでやるのが理想的ですが、
やらされていると感じることが多いです。
 

それでも、もし役員に決まってしまったら・・・
 

私は実際に活動する中で、知り合いも増え
役員同士、同じ辛さを分かち合い、一緒に乗り越えてこられたので
想像していた以上に得るものは大きかったです。
 

「やるからには楽しくやろう!」と気持ちを切り替えつつ
取り組んでいけるとよいですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

“小学校のPTA役員の決め方は?実際にやってみて感じたことなど” への2件のフィードバック

  1. スプーン より:

    こんにちは!
    私も「楽しいよ!」と言われてやってみました。
    いろいろ勉強になるし、いいですね。

    • kyomco より:

      スプーンさん
      コメントありがとうございます☆
      先日も、夜中3時半ごろまで作った資料がボツになって
      凹みました。
      これも忍耐の?勉強ですね~。^^

      期間限定なので、お互い楽しみましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ