子ども用suicaを作ってみました!購入方法や注意点について

子どもスイカ 画像

小学生になると子ども料金が発生しますね。
今までは、電車に乗るたび切符を買っていましたが
乗る回数が増えてきたので、子供用のsuicaを
作ってみることにしました。

子ども用suicaを買う方法は?



大人用は、券売機からも購入できますが、
子供用のsuicaは、JRのみどりの窓口のみでの
取り扱いになります。

身分証明ができるもの生年月日が記入されているものを
提示する必要があります。
保険証でOKでした。

駅員からもらう用紙に

・名前
・生年月日
・親の電話番号

記入後、1000~5,000円、10,000円の中で
どれくらいチャージをしておくか選択し購入します。
最大20,000円までチャージできます。
デポジット(なくした場合の保証金)+500円かかります。

これで、子ども用のsuicaができました。
初めての自分の定期を使う子どもの姿は、
とてもうれしそう。

子ども suica 画像

子ども用の「小」マークが入っています。
改札機のピヨッピヨという音がかわいいです。

初めてのキップもワクワクして使っていましたが
自分のsuicaを持つという特別感がたまらないと
いった感じでとても嬉しそうでした。

乗換などもいちいち金額を調べて買う手間が
なくなり、実家へ行く移動時間も早くなりました。

 

注意点について



子ども用のsuicaは、小学校入学~卒業(3月)まで使うことが
できます。

またsuicaやpasmoは、不正を防ぐため
定期券かmysuicaどちらか1人につき
1枚しか持つことができません。

いきなり作ろうと思っても身分証明がないと
つくれないので、手ぶらで行かないように
しましょう。

私も、子どもを一緒に連れて行ったので
ガッカリさせてしまった事があります。
事前の下調べは、必要ですね。

大人だけでも、子どもの身分証明があれば
作ることができます。

ファミリーマートや駅にあるコンビニ
NEWDAYSでもチャージが可能です。

 

おわりに



suicaとpasmoで迷ったのですが、調べてみると
使える機能がsuicaのほうが多い気がしました。


またクレジット機能もありますが、小学生のうちは
あまり必要なかったので、マイスイカのみの購入に
しました。


子どもに「このカードを持つと無料で乗れるの?」と
聞かれました。
「このカードにお金がはいっているんだよ」と
伝えましたが、ピンとこなかったようです。

まずは、チャージするところから一緒にして
金銭感覚も身につけていきたいなと感じました。



社会に出るはじめの一歩として、suicaの購入は
良い機会ですね。
まだ作っていない方は、是非一緒に作ってみては
いかがでしょうか?

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ