小学校入学準備品リストについて!あると便利なものも紹介

入学準備 画像

幼稚園や保育園の卒園が近づいてくると
ランドセルや学習机など小学校に上がる
準備がはじまります。

学校によって用意するものにも違いが
ありますが、入学後に買い揃えたものや
準備するものをつづっていきます。

入学準備はいつごろから?

公立の小学校は、1~2月頃に「新1年生保護者会」が
あります。
(地域によって違いもあります。)

新1年生保護者会では、就学前検診で配られる
児童指導資料に記入し提出します。
(家族構成や自宅~学校までの地図などを
記入しました)

預けられる人は預けていましたが、
子供と一緒に出席している方もいました。

その時に、小学校入学で用意するものの
説明を受けました。

 

小学校準備リスト

これは、あくまで私の子供が通っている学校で
用意したものになります。
ご参考までに。

 

学校で用意されるもの

・教科書
・黄色い帽子
・ランドセルカバー
・防犯ブザー

 

市や区で無償で準備されるものです。

通う小学校によっては、ランドセルカバーや防犯ブザーは
支給されないなど地域によってバラつきがあるようです。

 

 

学校で一括購入するもの

・ノート
・はさみ、のり、色鉛筆、ねんど、クレパス
連絡帳、名札、算数セット・・・など

 

義務教育なので、全て学校の教材ももらえるというわけでは
ありません。
月々教材費が数千円かかる場合があります。

 

 

学校で購入可能なもの

・防災頭巾・カバー
・鍵盤ハーモニカ
・絵の具セット

学校でまとめて注文するので、安く購入することが
できます。

私は学校で注文しましたが、ネットや量販店で
さらに安く購入する方もいました。

 

自宅で用意するもの

・ランドセル
・筆箱(箱型のもの)
・2B鉛筆
・赤鉛筆
・消しゴム
・定規
・下敷き
・体操着
・体操袋
・テーブルクロス(40×60cmくらい)
・テーブルクロス入れ
・給食当番マスク
・手提げ袋
・上履き
・上履き入れ
・雑巾
・洗濯ばさみ(雑巾をとめるため)

 

筆記用具類は、キャラクターが一切禁止の学校も
あります。
せっかくキャラクターで一式そろえたのに
学校で使えないなんてこともあるので注意が必要です。

体操袋や手提げ袋は、幼稚園や保育園で使っていたものを
そのまま使っています。

上履きもサイズが変わらなければ、しばらくは
園で履いていた上履きを履いてきている子も
いました。

 

 

あると便利だったもの

・折り畳み傘
・小さい水筒
・移動ポケットポーチ

 

移動ポケットポーチは、ハンカチやティッシュを
入れるのに便利で入学式の翌日から
使っていました。

女の子が使うことが多いですが、男の子もたまに
使っています。

 

また小学生になると、雨カッパは着なくなります。
雨が急に降ることがあるので、折りたたみ傘は
とても便利でした。

また小さい水筒は、持っていく期間が決まっていますが
暑くなってくると熱中症対策で水分補給に必要です。
ランドセルが重くなるので、小さめの水筒があると
便利ですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

用意するのは、年明けに学校で説明を聞いてからで
十分間に合います。

また、その都度必要なものは学校から早めに
アナウンスされるので、そろえてから不要だったと
ならないよう、最低限のものを用意しておけば
大丈夫です。

入学お祝いのプレゼントにあると便利だったものを
贈るのもオススメです。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ