106万の壁で手取り収入が減少!?主婦が働ける収入の目安は?

cash 画像

2016年10月以降、社会保険料の適用拡大のため
夫の配偶者特別控除や配偶者控除がうけられなくなり
年金や保険料などを払う対象となる方が増えるようです。

パートで収入を得ている専業主婦さんは、
とても気になりますよね。
106万の壁をチェックしていきましょう!

今までは、103万と130万の壁といわれてきました。
まずは、従来の(今までの)年収の壁を確認しておきましょう。

 

100万の壁 ・・・ 住民税を払います。
103万の壁 ・・・ 所得税を払い、(夫)扶養控除を受けられない
130万の壁 ・・・ 社会保険を払います
141万の壁 ・・・ (夫)配偶者特別控除を受けられない

 

対象になる人は?



新制度は、すべての人が対象というわけではなく
条件に当てはまる人が対象となります。


・20時間以上/週で働いている人
・給与が88,000円以上/月(年間106万円以上)※
・1年以上働く予定
・勤務先が厚生年金保険に入っている企業
・学生は対象外


となります。


※ 給与以外の賞与や通勤手当、深夜残業代などは含まれない予定。


60歳以上や20歳未満の人や国民年金の第1号、3号の人も含まれます。
この条件を満たしている人は、新制度の対象者となります。

106万の壁とは?

 
例えば

週3に 1,250円で6時間働くと・・・22,500円/月

22,500円 ×  4 = 90,000円/月

月に88,000円以上なので106万の壁を超えてしまう
計算になります。

 

子供の手が少し離れてきて、やっと仕事が決まり
働きだしたと思ったら・・・
さらに高い壁がのしかかってきたように感じてしまいますね。

これ以上仕事を増やして負担をかけたくないという方も
いるのではないでしょうか?

 
もし、働く時間を増やせる方は、働く時間を増やし
160万円以上の年収を目指していくのもおススメです。

社会保険を払って将来受け取る年金や補償を増やすという
メリット
もあります。

 

パート主婦が働ける収入の目安はどれくらい?



年収が1000万までの方を例にすると


103万~106万未満
夫 ・・・ 配偶者特別控除 受けられる
妻 ・・・ 所得税を払う必要がありますが、社会保険は払いません


106万~141万未満
夫 ・・・ 配偶者特別控除 受けられる
妻 ・・・ 所得税・社会保険(年金など)払う必要があります。


141万~160万未満
夫 ・・・ 配偶者特別控除は受けられません。
妻  ・・・ 所得税・社会保険(年金など)払う必要があります。
 

2016年10月以降、106万の壁の対象者が今までと同じく
年収130万で働くと手取りの収入は減ってしまいます。

 

あくまで、上記の5つの条件にあてはまる場合なので、
それ以外は今まで通りです。

 

おわりに



この制度を機に、これから働く方は条件をチェックする
必要がありますね。
また、現在働いているけれど対象にならなかった人も
今後制度や条件が変わる可能性もあります。


待機児童問題も、まだまだ解消していないのに
子育て中の女性が働く環境は制度だけが
先走りしているように感じます。


子供を産んでも安心して働けるような制度改革を
してほしいものですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ