妊娠中期~後期のプレママにオススメ!食事や体調管理について

妊娠中 画像

妊娠すると、つわりで味覚が変わったり
いろんなことに敏感になります。

お腹の赤ちゃんとママが出会うまでの
時間は大切な時間。
私が妊娠中に体験して、コレよかったよ!的な
体調管理の方法などを紹介していきます。

体調管理の方法は?

 

妊娠中は、食事バランスも大切にしたいですね。

妊娠初期は、つわりがひどい場合
食べられるものが限られてしまうので、
サラダや果物、ゼリーなどとりあえず口に出来そうなものを
食べていた気がします。

そして、なぜかフライドポテトとか無性に
食べたくなってしまったことも。

5ヶ月目の安定期に入ると、食事を取るのも
楽しく感じられるようになります。

使っていて便利だったのが
友人からもらった雑誌の付録にあった
「出産準備ダイアリー」なるもの。

 

日記って、正直3日持てばいい!というくらい
続かない性格だったワタクシ。

その日あった出来事を書く!というよりは
「その日に食べたもの」を書いていく感じで
つづっていました。
とはいえ、つけ始めたのは妊娠中期~後期にかけて。

この日記を書いていくうちにすごい!と感じたのは

一目でみて、カロリーや食べすぎていること
何が不足しているのかがわかるので
自然とバランスの取れた食事ができるように
なったことでした。
おかげで、体重増加も7kgくらいにおさえられて、
体調管理もバッチリと産院の先生に褒められたほどでした!

 

 

妊娠中にオススメな食事は?

妊娠中にとっておきたい栄養素は、
葉酸 と 鉄分です。
葉酸は、お腹の赤ちゃんの神経系の細胞成長のために
妊娠前から摂っておくのがオススメです。

サプリでも手軽に取れますが、食事でとるとしたら
えだまめや海苔、レバーにも多く含まれています。
簡単に、多く葉酸が取れるのはブロッコリーです。

ゆでてサラダにしたり、スープやカレーに入れたりして
よく食べていました。
また、食事でとるのがむずかしい場合は
葉酸が入った葉酸キャンディーをおやつがわりに。

アカチャン本舗などで売っていて
リンゴやグレープフルーツ味などが出ていて
食べつわりで気持ち悪いときなど、口にするのも
オススメです。

 

また、ママの貧血防止に鉄分も摂れるとよいですね。
鉄分は、サプリもでていますが食品でとりたいという方は
レバーが一番鉄分が取れます。

 

もし、レバーが苦手ならのりや納豆、切り干し大根、
しじみのお味噌汁など普段の食事からもとることが出来るので、
食事のメニューに是非加えてみてはいかがでしょうか。
美味しく必要な栄養を取り入れていきたいですね!

 

まとめ

 

妊婦さんと一言で言っても、つわりが全くない人や
食べづわりなど症状はそれぞれ違います。
新しい生命を生み出す妊娠・出産は、命がけの作業で
とても尊いことです。

生命誕生という素晴らしいことに向かって
進んでいるという自信と勇気をもって出産に
望んでいけることを願っています。
マタニティー生活は、お腹の赤ちゃんに会うまでの
貴重な時間。

長いようで、あっという間に終わってしまいます。
それぞれの生活スタイルにあった、
素敵なマタニティーライフを楽しめますように。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ