ベビーカー女子論争とは?電車でのマナーもチェックしてみた!

ベビーカー女子 画像

最近「ベビーカー女子」という話題で
熱く議論がかわされていますね。

たびたび起こっている「ベビーカー論争」
ベビーカーを利用する際のマナーや感想を
つづってみました。

そもそも「ベビーカー女子」ってなんなの?

 

PRESIDENT Online スペシャルに掲載されていた
日本男子は、なぜベビーカー女子を助けないのか」という記事が
世のベビーカーを押すママさんたちの逆鱗に触れたようです。

 

この記事では、
「ベビーカーを押していて駅構内で助けてくれるのは
外国人か女性ばかり」というワーキングママの意見に対して
独身男性からみた率直な意見が書かれています。

混雑した電車でのベビーカー利用は迷惑。
親たちが楽をするための「便利な道具」的な内容でした。

そもそも子供を生んだ母親なのに「ベビーカー女子って」と
思ってしまいましたが。
注目を集めるための秘策だったのでしょうか?

ベビーカーは、荷物をたくさん持ち
さらに子供が重くなってきたときや2人、3人と
子供をつれて移動する場合もかかせないアイテムです。

 

今年の春頃にも
「電車に乗ったときベビーカーを畳む・畳まない?」で
盛り上がったことがありました。
ベビーカーを乗せる車両を限定させるなど。

まだ決まっていなかったときに
結構すいている車内で「ベビーカーを畳んで」と
いわれている友人もいました。

ベビーカーを使うお母さん方は、どうなるのかと
ハラハラしていたと思いますが
結局、ベビーカーは畳まずにそのまま乗車できるように
なりました。

 

ベビーカーのマナーとは?

ベビーカーで電車に乗るにもマナーがありますね。
一度、チェックしておきたいと思います。

 

混雑時はなるべく避ける

やむをえない場合は仕方がないですが
通勤時間の混雑はなるべくずらしたほうがいいです。
朝は、出勤でイライラしている方も多くて
受けなくてもいいとばっちりを受けやすくなります。

また、降りるときも周りを注意して我れ先にと
降り口を占領しないことが大切です。

 

 

乗ったらしっかり固定する

子供を乗せたら、ベルトを着用して落ちないように
心がけること。
ホームで待つとき&電車に乗ったら、ストッパーで
ベビーカーが動かないようにしっかり固定。

安全に配慮してベビーカーで乗車することも
心がけたいですね。
あわてて乗車に駆け込むということにならないように
余裕を持って早めに家を出るなどの工夫も大切です。

 

階段・エスカレーターを利用するときは子供を降ろす

最近は、エレベーターが着いている駅が増えてきていますが
階段しかない降り口の場合、子供を抱っこして
駅員さんにお願いすると快くベビーカーを降ろしてくれます。

人の手を借りるのがちょっと・・・
という方は
遠慮なく頼んでみるとよいですよ。

 

 

まとめ

~「ベビーカー女子論争」電車でのマナーについて思うこと~

 

「ベビーカーは楽をするために使っている」と言われると
実際そうなのかもしれませんね。
中には、いろんな理由で使わざるをえない人もいます。

 

独身のときは、バッグに携帯電話・財布・メイクのポーチくらいで
身軽に出かけられていましたが、子供を連れて出かけるとなると
状況は一変します。

子供を抱っこし、おむつやミルク・着替えなど大量の荷物を持って
移動しなくてはなりません。

 

私は、電車に乗る時は移動の煩わしさから
なるべく抱っこ紐で移動しています。

 

ですが、必要以上に歩き回る範囲が広いときや
長時間の抱っこでの移動が厳しいとき、
そして2人目を妊娠中で抱っこが出来なかったときなどに利用。

歩き初めで、しっかり立てなかったり
あちこち動き回ってまわりに迷惑をかけてしまう場合に
使っていました。

 

ベビーカーを押すほとんどの方々が気遣いが出来る方ですが、
中にはエレベーターで同乗したときやすれ違うとき
「お先にどうぞ」とこちらが譲ってもお礼や挨拶をしない人と
遭遇することがあります。

それは、ベビーカーに限らず自転車で道を譲るときも
お礼も言わず、譲って当然という感じで通りすぎる人が
性別・年齢に限らず結構いるんです。

お礼を言ってほしくて譲っているわけではないですが
気持ちのよいものではありません。

一部の心ない人たちの印象で、ベビーカーを使う親たちが
肩身の狭い思いをするのは、なんだかやるせないです。

 

主人と電車で移動していたときに、
「よく周りをみるように」とクギをさされたことがあります。
子育て中は、注意力が散漫になったり、
心の余裕がなくなって周りに対する配慮が
かけることも多々あることに気づかされました。

 

元気いっぱいの子供を相手に一日動き回ると
ヘトヘトになってしまうので。
もしかしたら、私自身も疲れすぎてまわりに目が向かなくなって
いたのかもしれません。

また通勤で、疲れている方もキモチの余裕がなくなっている
場合もありますね。

 

結局、お互い「相手を思いやる心」と「想像力」が大切なのだと
感じました。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ