子育て中の主婦でも気軽に出来る時短家事のコツ!

時短家事

主婦にとって、家事は毎日かかせないもの。

とくに、育児やワーキングマザーで
忙しい日々を送っている人は少しでも家事を
ラクにしていきたいと思っているはず!

今回は楽しく取り組む時短家事を
いくつかご紹介していきます。

時間を計ってみる

 

ついダラダラやってしまいがちな家事。
時間を意識すると、案外早く終わらせることが
出来ます。

まず、自分がどれくらいで作業が終わるのか
時間を計ってみましょう。

ざっくり把握しておくと
時間配分ができるようになります。

 

たとえば、私の場合
観たいTVの時間まで10分あるから
それまでに、食器の片づけを終わらせようとか
洗濯をたたんでおこうと作業時間を意識して
家事をしています。

コレが終わったら一息つこうと
メリハリをつけていくこともポイントです。

 

整理・見直しするのは、1日に1箇所

 

大掃除のときにいろんなところを一気に掃除するのは、
かなり大変です。
普段から部分的に掃除をしていく習慣をつけていくとよいです。

たとえば、今日は引き出しの1段だけとか
冷蔵庫のポケット部分だけなど
1箇所ずつ整理をしていくことです。

一気に掃除するには、時間と根気が必要ですが
部分的にだったら、集中して掃除することが出来ます。

そして一箇所きれいになると、今度はこっちもやってみようと
やる気が出てくるんです。

少しずつでも積み重ねていくと、キレイでつかいやすい状態を
保っていくことが出来るのでオススメです。

 

・・・とはいえ、モチベーションも大切ですよね。

そんなときは、ラジオやテンポのよい音楽を聴きながら
作業するのも効果的。

普段は、かなりなTVっ子なのですが、ラジオは作業しているときに
よく聴いています。
ラジオは、TVでは得られないような情報がもらえるので
家事の合間に聴いています。

 

 

 

家族にも少しだけ協力してもらう

家事は、母親一人で全てやらなければいけないと
思い込んでいる方もいるかもしれませんが
家族で協力していくことも大切です。

 

浴室やキッチンなどに、カットしたメラミンスポンジを
置いておきます。
ドラッグストアなどで「激落ちくん」という名称で
売られていますね。

最近は、100円ショップでもカットしたメラミンスポンジが
売っていました。

 

お風呂に入る前や入っている時にも、
桶や壁など気づいたところをササッと掃除できて便利です。
洗剤いらずの上、水につけてこするだけなので
子供にも安心です。
そして、最後にお風呂に入った人が冷水シャワーを
サッとかけて軽く拭いてもらえるならベター。

主人や子供も気軽に出来るので、汚れに気づいた時に
掃除に協力してもらっています。

これで、だいぶ掃除するのがラクになりますよ。

 

 

片付けも子供と遊び感覚で!

 

さきほどの浴室にもありましたが
我が家では、子供にもちょこっとお手伝いという感覚で
ブロックおもちゃなどは、片付ける色を決めて
どっちが早く片付けられるか競争をしています。

 

最近は、洗濯物も簡単なタオルなどは、畳み方を教えたら
一緒にたたんでくれるようになりました。

お手伝いも、いろいろな話をしながら
子供との大切なコミュニケーションの時間になっています。

 

 

急に掃除したくなったときのために

 

意外と掃除機って出す手間やかけられる時間帯が
決まってしまうので面倒になりがち。

そんなとき、ほうき&ちりとりをセットで用意しておくと
便利です。

私は、夜中や子供が昼寝をしているすきに
気になったところをすばやく掃除しています。

まとめ

家事は、毎日のルーチンワークとしてかかせないもの。
育児やワーキングマザーと忙しい時間に行うことが
多いため、ついつい義務的になってしまいがち。

効率的に自分にあった方法をみつけていきながら
かわいいキッチングッズなどで、楽しみながら
取り組んでいけるとよいな~と思います。

 

また家事に協力してくれる家族に、おいしい料理で
感謝のキモチを伝えていけるといいですね。

 

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ