アザコンって何?アナタは大丈夫?原因や対処法をチェック

アザコン 画像

最近「アザコン」の人が増えていると
「ノンストップ」で取り上げられ話題になっていました。

そもそも「アザコン」って何?
もしかしたら、私も「アザコン」かも!?
対処法や原因を調べてみることに。

 

アザコンとは?

他人の目を気にしすぎる人のことを
「アザーコンプレックス」。
略して、「アザコン」というのだとか。

最近では、「アザーコンプレックス」に関連する本も
出版されています。

『私、つい「他人の目」を気にしてしまいます』

 

『なぜ、私たちは他人の目を気にしてしまうのか』

 
雑誌でも特集が組まれていたりするほどなので
「アザーコンプレックス」な人って
結構いるのかもしれませんね。
 

念願のマイホームを購入し、まわりのセレブな友人に
合わせて、高級なバッグや服を購入してしまい
気がつけば借金だらけになってしまった人がいるようです。
 

また、フェイスブックやブログに「いいね!」が
少ないと不安になってしまい、食べたものや
海外のお取り寄せをブログにUP。

毎日充実しているように見せていたけれど
更新に夢中になり、家事を放棄して挙句
離婚してしまった夫婦を紹介していました。

周りの何気ない一言から、過剰に反応して
アザコンに陥ってしまうようです。

 

映画『アナと雪の女王』の歌詞に「ありのままで」とありますが
ありのままの自分をさらけ出せずに、自覚症状がないまま
偽りの姿を装ってしまう人が多いんです。

 
もしかしたら、気づいていないだけで「アザコン」に
なっている人もいるのかもしれませんね。
 

あなたは大丈夫?アザコンチェック!

 

・メールが来ると忙しくてもすぐ返信

・落し物を拾ってもらったら「ありがとう」より
「ごめんなさい」といってしまう。

・風邪でもないのに「マスク」をすると落ち着く

 

1つでもあてはまる人は、「アザーコンンプレックス」を
疑ったほうがよさそうです。

私は、メール以外当てはまる気がします。
「マスク」は「アザコン」というよりは
寒いからという理由でつけていたかも。

また「ごめんなさい」というよりは、「すみません」のほうが
「ありがとう」より言っている気がします。

自覚症状がないというので、もしかしたら自分も「アザコン」
なのかも?!。

 

今回は、主婦ネタが多かったですが、
少し前にも、学食でパーテーションつけたり
一人で食事をしているところをみせたくないという学生が
増えていると話題になっていたこともありましたね。
年齢を問わず、「アザコン」な人はいるんです。
 

アザコンの対処方法は?

 

「自分は価値ある人間だと認めていくこと。」
「寝る前にできたことを5つ書きだしてみるとよい」

と、紹介されていました。

そのほかにも、

人がどう思うかで購入するのではなく、自分が好きか嫌いかを
基準に選んでいく。

SNSやブログから、少し距離をとってみる。

ふだんから使っている人は、なかなか難しいかも
しれませんが。
もし思い当たる人は症状がひどくならないうちに
対処していったほうがよいです。

また勇気を出して、信頼している友人に弱さをみせてみることも大切。
本当の友人だったら、弱い部分も受け止めてくれます。

 

まとめ

 

「アザーコンプレックス」は、決して他人事ではないな~と
感じました。
 
誰でも気軽に情報を発信できるようになり
メールをしているのと同じ感覚で
フェイスブックやツイッターをしている人が増えたことも
原因なのかなと思います。
 
自分の何気ないつぶやきやブログの投稿を、
全世界の人がみることが出来てしまうので
感覚が麻痺してしまわないように注意が必要ですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ