googleアドセンスの審査について具体的な方法や通るコツとは?

インターフェイス 画像

ブログに広告を設置することで、
収益を得ることができるのをご存知ですか?
ブログを書いている方で、まだgoogleアドセンスに
登録していない方は登録してみることを
おすすめします。

今回は、実際に審査を通した方法やコツなどを
お伝えしていきます。

googleアドセンスの申し込み方法は?

 

審査までの一連の流れを説明します。

 

まず、googleアカウントを持っていない方は、
アカウント作成ページから作っていきましょう。
もっている方は、ブログの審査申し込みをしていきます。

googleアドセンスは、18歳からはじめることができます。
初期設定をするための郵便物が届くので、
住所登録が必要です。

 

アカウントは、名前、現在のメールアドレス、パスワード、
生年月日を入力し、ロボットでなく人が入力しているという
証明のため表示されている数字や文字を入力します。

 

最終的に、googleアドセンスから銀行振り込みで収益を得ることに
なるので名前は、正確に入力しておきましょう。

 

アカウントがとれたら、審査するブログのURLを入力します。

 

gads

 

その後、「収支のお支払いに関する情報」から
本人の銀行口座を入力して申請します。

1次審査は、思っていたよりも早く終わりました。
数日かかった方もいますが、私は1日かからないで
返信がきていました。

 

2次審査ではアドセンス広告を表示させます。
このときも画像は、まだ使わないほうがいいです。

 

3日~1週間ほどで、広告が掲載されたら審査が
通ったことになります。

 

 PINコードが届いたら?

アドセンスを開始すると1ヶ月くらいの間に
「google」のロゴ入りのハガキを2つ折にしたような
PINコードが記載された封書が届いていました。

アドセンスPIN 画像

 

このPINコードは、本人の住所を確認するための
手続きになるので、PINメールに従い
アドセンスの管理画面に入力しておきましょう。

 
ピンが届かないという場合

 

その後、銀行口座に少しの金額がグーグルから入金されます。
請求先アカウントにアクセス ⇒ 支払い設定 から
銀行口座を探して、テスト デポジットの確認。

振り込まれた金額を入力して送信します。

 

あとは、アドセンスからの収入が発生したら
こちらの口座から更新されることになります。

アドセンスの規約を守って、記事を更新し
アクセスを集めた分収益にすることができます。

 

 

審査に通るコツは?

 

審査のブログは、以前書いていたブログを使ってみましょう。
個人的な日常をつづったような内容のほうが比較的
とおりやすいです。
私も以前書いていたブログで審査の申請をして通りました。

日にちも間隔をとって、1記事あたり500文字以上で
5~10記事以上かいてあるブログが望ましいです。

 

ブログを書いたことがないという方は、練習にもなるので
広告が自由にカスタマイズできる「so-netブログ」を利用して
書いてみましょう。
すでに、他の広告を設置している人は審査が通らなくなる
可能性が高いのではがしておきましょう。

また、so-netブログは、広告が自動で出ないように
消しておく必要があります。

 

 so-netブログの広告の消し方 

設定 & 広告設定 から 表示しないを全て選択すればOK!

so-net 画像

 

 

注意点として

 

私は、個人的にとった画像をのせていましたが、
画像は、あまり載せないほうがよさそうです。

またプログラムポリシーをよく読んで、
アダルトや暴力的な表現など違反する言葉がないか
チェックして使わないように気をつけましょう。

 

一時期、Fc2ブログで申請すると20%の手数料がとられるとか
登録が出来なくなっているといわれていました。
気になって調べてみたところ「20%の手数料」についてかかれたページが
現在は存在していませんでした。

そのため、あくまで個人的な推測なのですが
このシステム自体なくなっているのかもしれないです。

 

 

おわりに

最近は、さらに審査が厳しくなってきているみたいですね。
それだけ申請する人が増えているのかなと感じました。

もし審査が通らなかった場合、同じブログで修正しても
通りにくくなっているようです。
他のブログでさらに内容を充実させて申請したほうがよいです。

そうした努力の積み重ねで、だんだんとアクセスが集まり
広告を設置できるようになる頃には内容も充実し
即収入が発生できる状態になっていきます。

すべての作業にムダはないので、しっかり手をかけて
ブログを更新をしていきましょう。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ