アドセンスが突然広告停止になってしまったときの解除方法

猫 画像

自分のサイトを確認していたら、アドセンスの広告の
スペースが空欄になっていることに気がつきました。

あわてて、メールを確認してにみると
googleの広告を停止にするとの通知が届いていました。
実際に、解除した方法や対処法をお伝えしていきます。


プログラムポリシーに違反していると
事前に警告メールがあり、72時間以内に修正して
連絡をするのというのが一般的ですが
私の場合、突然に広告停止になっていました。

 

アドセンス 画像

 

当時、話題になっていた事件について書いてたので、
思った以上にアクセスがあった記事でした。

少し掘り下げて書きすぎていたようで、禁止コンテンツに
ひっかかってしまっていたようです。

 

アドセンスの禁止コンテンツを確認すると・・・

 

ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツ
暴力的なコンテンツ
人種差別的、または個人、団体、組織を誹謗、中傷するコンテンツ
不適切な表現
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
違法な薬物や麻薬関連の器具に関するコンテンツ
ビールやハードリカーの販売
タバコやタバコ関連商品の販売
処方箋医薬品の販売
武器や弾薬(銃火器、銃火器の部品、刀剣、スタンガンなど)の販売
ブランド品やその他の商品の偽造品、模倣品の販売
講義内容や論文の販売や配布
報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、
メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
違法なコンテンツ、違法な行為を助長するコンテンツ、
第三者の法的権利を侵害しているコンテンツ

引用元:google禁止コンテンツより

 



上記のことに、ひっかかっていたようです。

事件のような内容のニュースは、十分に配慮して
書いていく必要があります。

 

停止に対しての対応は?

 

早速、記事と画像を削除してgoogleに連絡をしました。

アドセンスのページを開き、右上の歯車ボタンを押し
ステータスをクリックし修正したら、「解決済みにする」という
ボタンを押します。
広告停止の場合、その記事を修正というよりは、
記事自体を全て削除してしまったほうがよいです。
その後、googleから停止解除の連絡が届きました。

 

アドセンス停止 画像

4~5日の間、広告が停止されていました。
停止解除の連絡メールから48時間くらいかかることもある場合
1週間近く広告が停止状態になったままということになります。

その間、他の広告は貼らない状態にしておきました。

 

よほどのことがないと、突然停止になることってないので
どんだけひどい内容だったの?!って感じですね。

 

 

まとめ

ブログを書き続けていると感覚が麻痺してくるというか
表現がエスカレートしてしまう場合があります。

読む人が、不快に感じる内容になっていないか?
内容かどうか記事をUPしあとも常に客観的にチェックしていくことが
大切です。

今回のことで、自分がしていることがまわりまわって
戻ってくるということを身をもって実感しました。


今後も気をつけていこうと思います。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ