子供の乾燥肌のかゆみをどうにかしたい!改善する方法は?

子供 乾燥肌 画像

冬になると、空気が乾燥して
肌の乾燥でかゆみが出てくる人もいるのでは?

日常に何気なくやっていることが、
乾燥をすすませていることもあるんです。

今回は、子供の肌の乾燥やかゆみの原因ために
実際に試してよかったことや気をつけたい入浴方法などを
紹介していきます。


うちの子供は、1歳すぎから肌が乾燥し手足や背中など
かゆがるようになりました。

そこで、皮膚科の先生に教えてもらったアドバイスをもとに
実際に試してみたところかなり症状が改善されました。

お風呂の入り方にもかゆみの原因があるんです。

 

お風呂の入り方に注意

 

身体は固形石鹸をよくあわ立てて、手で洗う

以前は、液体石鹸をつけてナイロンタオルでごしごしと
洗っていました。
身体の汚れがよく落ちると思って肌をこすりすぎてしまうため
肌が傷ついてしまうことがあるんです。

そして、肌から水分をうばってしまう
乾燥してかゆみがおこってしまいます。

はじめは、ちょっとものたりないな~と感じていましたが
すぐに慣れました。

 

洗い方にも注意

上から 頭 ⇒ 身体 ⇒ 顔 の順で洗うのがベスト。

新い残しがあるとかゆみが出る場合があるので、よく洗い流して
いきましょう。

 

湯船は最後に入ること

本来は、シャワーですませたほうが肌の乾燥が防げますが
寒い時期は、湯船に入りたいですよね。
その場合、最後に入るようにしましょう。

最初にお湯につかるのも肌がふやけてしまうので。
温度は、35~40度 ぬるめくらいがオススメです。

お風呂から出たらすぐに保湿

お風呂から入った後は、いちばん乾燥しやすいので
あがってすぐ~10分以内 に保湿クリームを
塗ることをオススメします。

 

うちの子は、あがってからの保湿が間違っていたようで
フローラルウォーターみたいなものだけをつけていたら
余計に乾燥してしまっていました。

そのあとに保湿クリームを塗ったら、
かゆがらなくなりました。
問題は、保湿だったんだなと反省しました。

 

赤ちゃんから使える保湿クリームは、家族みんなで使えるので
重宝しています。

 

食事で気をつけること

魚、豆、肉などをとったり、野菜や果物で
ビタミンA,Cもとっていくことも大切です。

それ以外に、
ぬかづけやヨーグルトなど発酵食品、乳酸菌をとると
肌がしっとりするので積極的に食べるようにしています。

ぬかづけをつけるだけでも、お肌がしっとりする効果が
あるみたい。
最近下の子が、きゅうりのぬかづけにハマっているので
つけてみようと思います。

 

 

おわりに

 

子供のかゆみをどうにかしたいと思って
いろんな商品を試したりしました。

クリームをつけないほうがいいの?とか
ステロイドはよくないかな?とか試しているうちに
だんだんわからなくなって。

よさそうだなと思っても、続けるには高額すぎたり・・・。

なかなか改善されなかったので
思い切って大きな病院の皮膚科をたずねてみたところ
小児科と連携していたので、アレルギー検査をして
内側と外側の両方から治療し劇的によくなりました。

 

病院で、専門医に正しい薬の使い方や普段気をつけることの
アドバイスを聞くことの大切さを実感しました。

 

どうしても肌の症状が改善されない場合は、
思い切って専門的な病院を訪れてみることをオススメします。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ