やる気スイッチを入れる方法!モチベーションを保つには?

スイッチ 画像

人は何かをはじめるとき、最初は
やる気満々で取り組んでいくと思います。

だんだん日々の忙しさで作業がこなせなくなったり
次第にやる気がなくなってきます。
そんな時、モチベーションを保つ方法や
「やる気スイッチ」についてお伝えします。

「やる気スイッチ」君のはどこにあるんだろ~?
こんなCMを耳にしたことがあると思います。

子供の頃だったら、きっと
「やる気スイッチ」を押してくれる人や
探してくれる人がいたかもしれません。

ですが、今は自分自身で押すことが
多くなってきていると思います。

私も新しいことをはじめるとき
最初は「よし!やるぞ~!」と意気込んで
スタートしました。

だんだん家事や育児で日々忙しかったり、
会社で働いていたときは
朝早くから、深夜近くまでお日さまを
ほとんどみることなく家に帰ることも。

そして、PCの前にすら座りたくないという
キモチになってしまったり・・・。

 

モチベーションを保つ方法は?

 

まず目標を書き出して具体的にかつ明確にすること。

最初にやるぞ!と決めたときに
やりたいことややってみたいことなど
自分の夢を具体的に紙に書き出していく
作業をすることです。

 

たとえば

「お気に入りのブランドの洋服を買う!」
「沖縄へ旅行に行きたい」
「車を買いたい」
「家を購入する」 などなど・・・

 

あなたがやりたいことや欲しいものって
何かしらあると思います。

そして、よりその夢に近づくためには何をすればいいか?を
考えていきます。

 

「3ヵ月後には10万円以上稼げるようになる」
「半年後には、家にいながらパートや会社で働く以上に
20万以上収入を得られるようになりたい」
(金額はそれぞれ具体的に決めていく)

 

やる気スイッチの入れかた

 

私は、目標を具体的にしてもモチベーションが
下がってきたときには、欲しいものや
なりたい自分を書いた紙を何度も読み返して
「やる気スイッチ」を入れなおす作業をしています。

 

「1日1記事以上できれば2記事は更新しよう」

 

大切な家族、守りたい人を思い浮かべて
何度もやる気をとりもどしてきました。

 

 

それでも、やる気がなくなってしまうときは
相談できる人に話を聞いてもらうこと。
(同じ方向を目指している人がベター)

 

うまくいかないことやモチベーションが
さがってしまうことを話していくうちに、
「いつもやる気をもらい、また頑張ろう!」という
キモチになっていくと思います。

 

私もいつも相談する先生がいるのですが、
話をしたあとはスッキリしてまたやる気を
取り戻すことが出来ます。
私も、励ましを送っていける人でありたいと思います。
未来につながる今の自分を大切に。
小さな積み重ねが、いずれ大きな結果を生むことになります。
あきらめず取り組んでいった人だけが、最後に
笑うことが出来ます。

「やる気がなくなってしまった」という方は
是非、試してみてくださいね!

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ