お年玉を親戚の甥・姪にあげる場合の相場は?金額をチェック

お年玉 画像

お正月に、毎年悩むのが
親戚の子にあげるお年玉の金額。

だいたいの相場ってどれくらい?
とっさのときに困らないようにチェックして
みましょう!

最近のお年玉の相場は?

 

赤ちゃん、幼児 (0歳 ~ 3歳) ・・・ 0円 ~ 500円
幼稚園など未就学児(4歳 ~ 6歳) ・・・ 500 ~ 1,000円
小学生(低学年) ・・・ 1,000 ~ 2,000円
小学生(高学年) ・・・ 2,000 ~ 3,000円
中学生 ・・・ 3,000円 ~ 5,000円
高校生 ・・・ 5,000円 ~ 10,000円

 

あくまで、相場です。

あれっ?思ったより少ない?
もっとあげていたかも!と感じた方もいるかも
しれません。
 

年齢 × 500円 = お年玉をあげる金額

 

4歳で2,000円、6歳で3,000円 という考え方もあるようです。

私がお年玉をあげる立場になってみると、
この相場の額でもよいかな~と感じました。

 

こちらの相場も最初にあげる場合は、
参考になるかもしれませんが、もうすでにあげている人は、
昨年の金額がどれくらいだったのかを思い出しながら
あげるということも必要になってきますね。

 

ウチの場合、親戚の子が少なかったり、
普段なかなか会えない子には
少し多めに渡すようにしています。


私が子供の頃、独身や結婚してまだ子供がいなかった
おじさんやおばさんから、中学生で10,000円
高校のとき30,000円くらいもらっていました。


しかも、いとこをあわせると8人くらいいたので
ドえらい金額になっていたようです。

今考えるとバブルの時代だったということもあるのかもしれませんが、
かなり奮発してくれていたんだな~と思います。

ただし、現在はさまざまな手当てや控除が削減されて
消費税も上がったため、経済的に苦しい状況になっている人が
多いので、家庭の状況によって自分の納得のいく基準を
決めたほうがいい場合もあります。
 

昨年、祖母から私の子供にお年玉を小銭でもらいました。
子供は、小銭のほうが親しみがあるため結構
喜んでいました。

 

また子供が小さいうちは、図書券やおもちゃ、お菓子などを
つけてもらったこともあります。

 

そういう渡し方もあるんだな~と参考になりました。

 

妖怪ウォッチのお年玉袋に入れてあげるというのも
喜びそうですね!
○○くん、△△ちゃんというあて名を書くことも
忘れずに!

 

 

「妖怪ウォッチ」は、男の子にも女の子にも人気がありますね。
シールもついているので、金額が少し少なくても
許してくれそう?!

 

おわりに



子供のころ、お正月にお年玉をもらうことは
とても楽しみでした。

 

以前、俳優の船越英一郎さんの奥さんで松居一代さんが
お金に好かれる方法として、
「元旦に郵便配達の人にお年玉をあげている」と
コメントしていたのをTVで見て驚きました。

 

そんな面識もないくらいの人にもあげちゃうんだ~と
思った記憶があります。
そうやって、お金を浄化させているんだとか。

 

日ごろの感謝の気持ちをこめて、お世話になっている方の
お子さんにお年玉をあげるという行為は、
結果的に「お金に好かれる体質」を自然と作っていたのかもと
思うようになりました。

 

年始から痛い出費ではありますが、
また違うカタチで戻ってくるので、気持ちよく渡して
いけるといいですね!

 

お年玉をもらって喜ぶ笑顔をみると
未来を担う子供に投資する意味は大きいと思います。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ