ワードプレスの記事途中にアドセンス広告を簡単に入れる方法!

ぽちっと 画像

ワードプレスで書いた記事によって
広告を使い分けたいっていうことありませんか?

私自身、そのほうが使い勝手が良かったので
add quick tagを利用して、簡単に設置できる方法を
覚書きの用でまとめてみました。

今までは、アドセンス広告を入れる場合
テーマ編集からアドセンスコードを入力し
全ての記事に自動的に入れていました。

ですが、たまに広告を設置するほどの内容でもないな~という
場合もあります。

記事ごとに毎回アドセンスコードを貼り付けるのも
ちょっと手間のかかる作業ですね。

そこで、「Master Post Advert」というプラグインを
試してみたのですが、moreタグをいれたところだけに
表示されるので、記事の下など自由に設置できるという感じには
ならないな~と感じました。

 

再び、もう少し使い勝手がよさそうな他のプラグインを探してみると・・・。

どうやら、AdSense Manager というプラグインがよさそう。

 

現在、私が使っているのは賢威のテンプレートですが
それ以外のテンプレートでもほとんど作業は同じだと思います。

 

 

AdSense Manager でコードを省略化

 

「AdSense Manager」は、アドセンスコードの省略ができるプラグインです。

まずは、プラグインをインストール。

AdSense Manager 画像

 

 

インストールし終わると 投稿 のところに Ad  Units と表示が出るようになります。
こちらをクリックします。

AdSense Manager 画像

 

 

Add New Ad をクリックし、アドセンスコードを貼り付けます。

AdSense Manager  画像

 

Ad Unitには、「ads1」 と記入しましたが
「ad1」や「adsense1」など、好きな文字を設定できます。
(わかりやすい省略方法がオススメ)

全て項目を「yes」にしておきましょう。

 

AdSense Manager  画像

 

あとは、[ad#○○] ⇒ 例えば 「ad1」だったら、
[ad#ads1] と表記すれば表示されるようになります。

 

これでも、アドセンスコードを毎回入力する手間が省けるのですが、
もう少し入力を簡単にしてみることにしました。

 

 

AddQuicktag でさらに簡略化する

 

「AddQuicktag」 は、投稿画面のボタンを作る作業のことです。
これで設定しておくと、好きなところにポチっとボタンを押すだけで
アドセンスコードが挿入できてしまいます。

早速、インストールしていきましょう。

addquick3

 

ボタン名は、「アドセンス」 とか自由に決めます。
だいたい広告は、中央に持ってくることが多いので

開始タグに

と入力しました。

 

ビジュアルエディターは、全てチェックしておきます。
右端の ” レ “にもチェックをつけておきましょう。

(ワードプレスのアップデート時にボタンが表示されないという
事態を防ぐことができます。)
これで、投稿を開くと、ボタンが増えています。

 

記事タグ 画像

「AddQuicktag」 は、記事中にHTMLを手打ちで入れているものがあれば
ボタンを追加して入れておくととても便利です。

最初の設置がなんだか面倒くさいな~と思いがちですが
一度設置してしまえばよいので、よく使うものは
時間があるときに作っておくと便利です。

 

 

おわりに

 

作業は記事を書くたびにはなりますが、記事を更新するごとに
入れたい場所にアドセンスの広告をポチっと出来るので
使い勝手はいいと思います。

 

全ての記事に広告を入れられるくらい
クオリティーの高い記事を書くのが理想なんですが。

お役に立てれば、幸いです☆

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ