子どものおこづかいはいつから?平均金額や相場と管理方法もチェック!

子ども お小遣い 画像
こどものおこづかいは、お年玉から少しずつ
自分で使いたいという間隔がうまれてきます。

ただ、おこづかいを渡すにはまだ早すぎるんじゃないか?
みんなはどうしているの?とわからないことだらけ。

いつから、どれくらいあげたらいいの?
気になる平均金額や管理方法についても
まとめてみました。


子供の頃から、お金の感覚を身につけるために
おこづかいを管理させることは、とても大切なんですよね。
一緒に確認していきましょう!

 

おこづかいはいつからでいくら渡すの?

小学校低学年から少しずつはじめる場合が多いです。
また兄弟がいる子は、早い時期から渡すなど
家庭によってさまざまなようです。

 

お手伝いをしたら10円という報酬として渡すケースや
毎月きまった額を渡すケースもあります。

その場合の相場の目安として

学年 × 100円
年齢 × 100円

これはあくまで、目安です。

 

ウチの場合、まだお小遣いをもらうという意識があまりないので
洗濯物をたたんだら、お水をあげたらと手伝ってもらったときに
1回10円とつけていて、少したまったところで
まとめて渡す方法をとっています。

 

 

 

平均金額は?

 

小学生低学年 約500円
小学生高学年 約1,000円

また参考までに、中学生 約2,500円
高校生 約5,000円

となります。
高校生になるとアルバイトをしたりするので、
さらにプラスされていきますね。

お小遣いの金額は、それぞれの家庭で事情も違うと思うので
お子さんやご主人と相談して家族で決めていきましょう。

 

おこづかいの管理方法は?

 

おこづかい - 必要なもの 

  残った金額 ⇒ 欲しいもの

 

先に、学校で必要なもの(ノートや鉛筆、ハンカチなど)を購入し
残りでほしいもの(マンガやお菓子、おもちゃなど)を購入するように
していきます。

 

小学校低学年では、ノートや筆記用具など身近なものから
はじめていくことをオススメします。
だんだん慣れてきたら、文房具全体を任せてみましょう。

高学年になると、友達のプレゼントや本・雑誌なども
おこづかいの中でやりくりできるようにしていけると
よいですね!

お小遣いを渡したら、一緒にお小遣い帳をつけていくと
よいですね。

最近は、使いやすいアプリも結構出ていますが
まずは、ノートにもらったお金・使ったお金・残高を
書き込んで、少しずつ自分で管理できるようにしていけると
よいでしょう。

 

記入例

 

 

 

お小遣い帳 画像

おこづかいは、全て使ってしまうのではなく
貯金することを学ぶことが大切です

 

また、子どもの銀行口座をつくるには絶好のタイミングです。
お年玉や子どものお祝いなども銀行で口座をつくって
貯蓄していきましょう。

ただし、子どもの名義で口座を作る場合、本人と一緒に
窓口に行ってつくることになります。
自分の口座を持つと貯金への意識も変わってくるので
オススメですよ。

どうしても高額のモノが欲しいときは、手元にあるお小遣いを貯めて
貯金してある金額も足して買うなどしていくと金銭感覚が
身についていきます。

 

 

おわりに

何気なく渡してしまうと何に使ったかわからなくなってしまうお小遣い。
子供の頃から、管理が出来るようになると将来も
正しい金銭感覚を身につけていけるようになります。

 

時には、使いすぎた~と失敗しても次に生かしていく反省材料として
大きな心で一緒にとりくんでいきたいですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ