衣替えでオトクにリサイクルのコツとは?回収サービスの活用方法!

衣替え 画像

衣替えシーズンで、家族や子どもの着なくなった服は
どうしていますか?
お得な処分方法があるんです。
捨てる前に、最近、増えている回収サービスを
利用してみてはいかがでしょうか?

衣替えの時期は?



春~夏

6月が衣替え時期といわれていましたが
地域にもよりますが、最近はゴールデンウィーク中くらいには
夏日になってしまうこともありますね。

私は都内に住んでいますが
4月に入って始業式、入園・入学式が終わったら
子どものものから、少しずつ冬物をまとめ
クリーニングに出したりいらないものを分別しはじめる
ことが多くなりました。

秋~冬

10月後半から11月にかけて長袖を出し始めます。
11月中は、なんとかコートなしでも過ごせますが
12月上旬に急激に寒くなるのでセーターやコートが
欲しくなりますね。

夫や子どもの衣替えが済み、自分の衣替えが一番最後に
なってしまうこともよくあります。

衣替えをしていると、こんな服あったんだと
忘れていることも。衣替えあるあるですね!

 

おトクにリサイクルできる方法とは?

 

子どもの服は、ワンシーズンごとにサイズが
小さくなってしまいます。
また、断捨離するなかでいらなくなった自分や
家族の服の処分方法にも頭を悩ませますね。

 

オークションやリサイクルショップを利用

PC操作や携帯操作に慣れている人は、
ヤフーオークションやメルカリ&フリルなど
携帯アプリから簡単に出品できる方法があります。

状態がきれいだったりブランドの服は、オークションを
利用したほうが、思った以上に高額に取引されることが
あるので利用したほうがよいです。

 

私は以前、毎年出ている定番アイテムを出品したら
定価とほとんど変わらずに手放すことが出来ました。

友人は、服を買って数回着たらオークションへ出品。
また新しい服を購入するという上級テクニックを使っています。

それ以外にも流行が終わってしまったような
ノンブランドの服を捨てようかなと思っていたけれど、
街のリサイクルショップに持ち込んでみたら
意外と買い取ってくれることもありました。

捨ててしまう前に、持ち込んでみることをオススメします。

 

 

回収サービスを活用してみる!

最近、着なくなった衣類の回収サービスをする
アパレル店舗が増えているのをご存知ですか?

 

1.H&M

H&Mだったら、どこの店舗でも
メーカーを問わず、汚れや破れがあっても
500円分のクーポンを1日最高で2枚までもらえます。

お近くのH&M店舗検索してみましょう。

穴の開いたもの、シミがついていても全ての衣類が対象に
なっています。
廃棄される服の量を少なくしたいということから
このサービスをはじめたのだとか。

袋の大きさや種類も問わないので、2袋に分けて持っていくと
2枚もらえるので、買い物に行くときには持参していかれることを
オススメします。

集められた服は、分別され圧縮加工をして再利用されるようです。

 

2.NORTH FACE

NORTH FACEも最近、メーカーを問わずリサイクルを
はじめたようです。

回収対象店舗32店舗に、衣類(靴下や帽子は除く)を
持ち込むと5000円以上の買い物で使える
500円のクーポンがもらえます。

 

3.無印良品

「FUKU-FUKU」プロジェクトとして、無印良品月間に
無印良品の服に限り持って行くと、割引クーポン(10%off)が
もらえます。

また、
リサイクルした無印良品の服を藍染めにした
「re-muji」というブランドは、『無印良品 天神大名』のみで
限定商品として販売しています。

藍染めになって、商品が生まれ変わるというのも
日本らしい素敵なリサイクル方法ですね。

 

おわりに

資源を無駄なく使ってもらえると、手放すときも
気持ちがスッキリして本当の断捨離になりそうです。

買い物がてら交通費の足しになるかな?程度かもしれませんが
日本人の「もったいない」の心を大切にしていきたいですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ