自転車のルール改正で罰則強化!注意点や子どものマナーについても

自転車 ルール 画像
H27年6月1日から改正道路交通法が施行になり
自転車の危険運転の罰則が強化され
取締りが厳しくなっています。

危険行為とみなされ違反切符を切られた人は
受講手数料を払って講習を受ける必要があります。
自転車での危険行為やルールをチェックして
おきましょう!

自転車は、特に運転免許がなくても気軽に乗れるので
危険な運転をする人も年々増加しているようですね。

最近自転車事故で、加害者として高額な賠償を命じられる
ケースも耳にします。

最近は、細い道ですれ違うときに道を譲っても
スピードをゆるめることなく通り過ぎるマナーの悪い人と
遭遇することが多くなりました。

車と同様、自転車も凶器になるということを
自覚しないといけませんね。

 

注意点や危険行為をチェック!

・信号無視
・通行禁止場所の通行(歩行者優先や歩行者天国など)
・歩行者用道路での歩行者妨害(徐行しないなど)
・歩道通行や車道の右側通行
・路側帯での通行者の妨害
・警報機が鳴り、踏切が降てくる時の立ち入り
・左側から来る車の優先妨害・優先道路での妨害
・右折時の直進&左折者への通行を妨害
・環状交差点内の通行妨害&徐行をしない
・交差点や道路での一時停止を無視して進入
・歩道での歩行者妨害
・ブレーキ機能のない自転車での走行
・酒気帯び運転
・安全運転義務違反
(傘差し、携帯電話の操作、イヤホン装着など)

交通安全 画像

 

一時期、「片耳はOK!」 と言われていましたが

片耳イヤホンでも罰則を受けている人が続出しています!

音楽やラジオを聴きながら自転車に乗っていた方は
摘発されますので、やめたほうが良いですね。

 

これ以外にも安全ルールとして

並進可の標識以外での並列運転(並んで自転車を漕ぐこと)
6歳未満の子どもを乗せる場合を除き2人乗り禁止
夜間ライトを点灯する
交差点での一時停止と安全確認
児童・幼児が自転車に乗るときはヘルメットを装着させる

などがあります。

 

子どものマナーについても

私は、あとから気づいたのですが・・・

小学生を子どものせ自転車に乗せるのは違反です。

 

小学1年生だと自転車に乗れない子のいるかもしれませんが
学校に子どもを迎えにいって自転車に乗せていると
違反になってしまいますのでご注意を!

たまに、子ども乗せ自転車で傘さし運転をしているママも
見かけます。すごい技だな~と感心していましたが
確実に違反切符を切られる行為ですね!

子どもの安全を考えてもやめたほうがいいです。

また、子どものヘルメットを購入している場合、
申請すると一人につき500円の補助を
してくれる学校もあります。
(毎回、装着していることが前提条件ですので注意しましょう。)

 

ルール改正で罰則強化!

危険行為や違反行為で指導・警告を受けて従わなかった場合

3年以内に2回以上、交通違反の切符を切られます。

都道府県公安委員会からの受講命令が届きます。

6月1日の施工された日には、取り締まりのシーンが
ニュースにもとりあげられていて像よりも厳しいな~と感じました。

 

安全講習を義務付け

 

3ヶ月以内に「自転車運転講習」を受講しなくてはいけません

受講時間 ・・・ 3時間
受講手数料 ・・・ 5,700円(標準額)

 

(※受講は、14歳以上が対象となります)

受講を受けなかった場合 5万円以下の罰金が課せられます

 

かなり罰則も厳しくなっていますね。
それだけ、自転車の危険走行が増えてきているから
なのかもしれません。

 

おわりに

罰則を読み直すと、自転車に乗るときに何気なくやっていたことも
実は違反だったということが結構ありました。

違反切符を3年以内に2回受けてしまうと受講が必要だったり
自転車に乗る側の責任も重くなりました。

免許もなく気軽に乗れる自転車ですが、「軽車両」といわれるように
車と同じくくりになります。
事故になったときの賠償額も驚くような金額を提示されることも。

私自身、毎日自転車に乗っていますが罰則を見直して、
安全運転を心がけていこうと感じました。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ