ママ友付き合いでトラブルを回避する3つのコツ!

ママ友 画像

子どもが生まれると、ママ友とのお付き合いが
はじまります。
ママ友と上手く付き合う方法や
トラブルの対処法について
私の経験をもとにつづっていきます。

 

あくまで、主観ですが

「ママ友は1人でも、いたほうがいい!」ということ。

中には、仕事をしていてママ友がいないとか
あえて作らないという主義の方もいますね。

困ったり悩んだときに、アドバイスしてもらい
協力しあえるママ友は、とても貴重な存在なのです。

子どもの成長を一緒に喜べるというのも
子育ての醍醐味の一つといえます。

日々いろんなトラブルも起こりますが
ママ友のお付き合いの中で、
気をつけていることを書き起こしてみました。

 

トラブル回避の対処法


1.悪口やウワサ話をしない、広めない。

何かトラブルが起きたときに、他のママ友に
ネガティブな発言をしない。

ネガティブな発言をすると、めぐりめぐって本人の耳に
いずれ届いてしまうことがあるからです。
余計なトラブルに発展する場合もあるので
聞いても広めないを肝に銘じています。

もし、ウワサを耳にした場合は
自分のところで留めておき、あえて広げないことも
最低限のマナーといえます。

私も何度か共通の知り合いのウワサ話を
耳にしましたが「そうなんだ~知らなかった」と
聞き流すことにしています。

 

2.子供同士のトラブルは様子をみて対処する



親も一緒に遊んでいて、子供同士でのケンカや
トラブルがあったときは、出来る限り見守り
様子をみるようにしています。

信頼関係が出来ているママ友とは、
冷静に判断しお互いの子どもを叱ります。

最近は、自分の子どもを叱れないというママも
増えているようですね。

理由を聞いてみると・・・

・人前では叱りたくない
・子ども同士で解決する力を育てたい
・兄弟が多くて、目が行き届かない
・もともと叱るのが苦手 など

子育ての考え方や教育方針も家庭で違いがあるので
難しいところです。

ただし
危害を加えたり、ルールを無視して
遊び続けるなど、目に余る行動をとっていて
自分の子が悪かったらすぐ注意します。

相手の親が注意しない場合は、私が注意することも
あります。
 

そのときに、子どもに叱る理由を話し
目を見て真剣に注意するようにしています。

自分の親以外が、注意するほうが子どもも聞く場合が
あります。
子どもは真剣に叱れば、ちゃんとわかってくれます。

理由をよく聞いてみると、さみしくて
かまって欲しかったということも。

逆に、他のママにうちの子が叱られることもありますが、
代わりにきちんと叱ってくれたことに感謝しています。

 

3.金銭的な負担を極力減らす



定期的に飲み会をやっているグループに
声をかけられることがありますが、数える程度しか
参加していません。

お互いに負担になってしまうと、
付き合いも長続きしないので
2~3ヶ月に一度親しいママ同士でランチ会をしたり
普段は、子どもと一緒に公園で遊んで、
お菓子を少しずつ交換する程度にしています。

 

また、何かいただいたときには、
旅行のお土産などを渡してお返ししたりしています。

基本的にプレゼント交換は、親しい人と数人だけで
するようにしています。

 

 

 

おわりに

 

大切なのは、ほどよい距離感を保つということ

 

以前、TVを観ていたら「ママ友」は友達ではないと
聞いて目からうろこが落ちた思いでしたが
妙に納得してしまいました。

最近は、グループで知っている人としか
挨拶をせず、群れているママも多いです。

子どものためにというよりは、自分のために
友達を作るという感覚が強いですね。

 
私の周りには、きちんと心を配れる素敵なママも
たくさんいます。
なぜかそういう方と親しくなることが、多いのですが
今思うと相手を見極めていたのかもしれません。

 

また、合わないなと決め付けていた人も話してみたら
いい人だったということもありました。


無理に知り合おうとせず、話すきっかけができたときに
話そうくらいのキモチでいるほうが気が楽ですね。
実際、私が気兼ねなく話が出来る人は数えるくらいです。

 

上の子が赤ちゃんのころかに知りあって、年に1~2回
集まっているのは、7~8人。
子どもを交えてよく会うのは、3人くらいです。

 
お互いに困ったときや大変なときに助けあっています。
子どもが成長してからも、大切にお付き合いしていきたいと
感じています。


「親しき仲にも礼儀あり」
適度な距離感を保ちながら、いい関係を
築き上げていきたいですね。

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

“ママ友付き合いでトラブルを回避する3つのコツ!” への1件のフィードバック

  1. あとむ より:

    おはようございます。
    あとむです。

    ランキングからまいりました。

    ママ友はママ友としての付き合い方をするのがいいかなと思います。

    ママ友もそうですが、友達もある程度距離を置いて付き合う方法が自分にとってベストな付き合い方と思いますね!

    応援完了

    また伺います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ