小学校の就学時検診の内容や持ち物は?受けた感想についても

就学時検診 画像

公立の小学校へ入学する前に
就学時検診が行われます。

内容や持ち物は?
事前に気をつけることを
まとめてみました。

10月にはいると、来年に公立の小学校へ進学する
児童を対象に最寄の小学校で健康診断や面談を行います。
日程は、自治体のHPで確認するか、それぞれの家庭に
案内が来るケースが多いですね。

 

就学時検診の内容や持ち物は?

 

持ち物は?

・スリッパ、子どもの上履き
・筆記用具
・就学時検診の案内(あれば)
・書類が入るくらいのバッグ

入学式前に行う説明会で提出する資料を受け取るので
資料が入るくらい大きめのバッグを用意しておきましょう。

 

内容は?

 

就学前検診は、午後から受付するところが多く
幼稚園や保育園を早退させて、参加していました。

到着順に手順の説明と入学前の説明会の案内を
書類を受け取り、そのまま検査がスタートします。

 

・受付
・視力検査
・耳鼻科
・眼科
・内科検診
・知能検査
・面接(校長、副校長、教頭のいずれか)

 

検査が終わると、高学年のお姉さんが手を引いて
知能検査の案内をしてくれました。

お兄さんやお姉さんは、学校や先生のことを
優しく教えてくれたようで、学校へ行く
楽しいイメージが沸いてきたようです。

知能検査は、子どもに聞いてみたところ、
顔の名称を指す程度の簡単なテストでした。

内科まで検診が終わると、食物アレルギーや
動物アレルギーなどがある子は
「アレルギー管理指導表」 を渡されます。
かかりつけの医師に記入してもらう必要があります。

以前、除去食の子どもに間違えて通常の食事を
与えて、アナフィラキシーショックを受けた
お子さんがいたことがニュースになりましたね。

手違いがないように、学校側の対応も敏感に
なっているんだなと感じました。

大きい病院だと出来上がるまでに、1ヶ月くらいかかるので
早めに提出しておきましょう。

 

面談や感想について

検査などが終わると、最後に校長先生や教頭先生との
面談がありました。

私たち親子は、校長先生と面談し
「食べ物の好き嫌い」や「小学校について」
質問されました。

挨拶など基本的なことは、日ごろから
出来るように心がけておくことも
大切ですね。

 

来年の新一年生になる子達の様子や
学校の雰囲気もわかったので
小学校に抱いている疑問も
少しずつ解消されていった感じです。

入学までの心構えも段階を追って
できる貴重な機会となりました。

 

おわりに

都合があわない場合、別の小学校で受けられますが
その場合事前に連絡ておきます。

耳鼻科検診で、耳垢で引っかかることがあります。
普段とっているので、大丈夫と思っても
事前に耳鼻科で耳垢もチェックしておきましょう。

私が学校へ行った時、1時間半くらいかかっていました。
だいたい来た順に受付になるので、
人数が多い学校は、さらに時間がかかることも考慮して
早めに行くことをオススメします。

 

※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

“小学校の就学時検診の内容や持ち物は?受けた感想についても” への1件のフィードバック

  1. あとむ より:

    おはようございます。
    ランキングから遊びに参りました、あとむです。

    よろしくお願いします。

    就学時検診は、地区の公立小学校での検診しかできないと
    思っていたんですが、地域内の他の学校でも連絡さえしていたら出来るんですね!!

    初めて知りました。
    時代の流れておともに、色々な事が改善されてきていますね。
    就学前の検査で学校の様子も知ることができるいい機会なので有効利用してくださいね!

    応援完了

    また遊びに伺います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ